read-read-read's blog

本と生活について書くブログなのだ。君が好きだ。

昨日の夢

隣町の茶色いマンション。
入り口。階段脇。
小学校のとき一緒に登校していた子。
すっかり大人に。二人で段ボールを部屋に。
何故か好意を感じる。手など触れてみる。抱き締めてみる。キッスなどしてみる。
嫌がられない。
だが続きは次に、と。
茶色いもこっとした彼女のコート。
背の高さとくりっとした目は変わらない。
体温を感じる。


起きて考えてみると一緒に登校していたあの子は23の頃付き合っていた人と少し似ていたのだなあ。逆か。

夢の中の体温を名残惜しく思いつつ、
中途覚醒を6回前後繰り返した今日の睡眠から下界に帰り、本日は
夜勤でございます。