read-read-read's blog

本と生活について書くブログなのだ。君が好きだ。

今日捨てた本ー出会いはかみのみわざ、別れはひとのしわざー

 どうも。拙ブログへようこそ。筆者のカジカです。

古書集めニストとか、忙しい人とか、積ん読が多い人は空間を本に占有されてますよね。となると時に残酷に天使のテーゼを歌わないとならない場合があります。本棚からの捨てる本選び。嫌ですね。所有してたい、でも邪魔。これが愛か。哀歌。生きたい死にたい抱きしめたい564たい。両A面ですね。

どうにも肌に合わないけど彩りにはいい本とかあるじゃないですか頭いい風に見える本。そういうの置いておいてたらマジでキリがなくなってしまったので残念ですがお別れ。批評に多い。これを読めば世界がもっと分かるかもと買ってみたら本の内容がまず分からない自分のぽんこつ凡骨以下具合に寒気。後はセンスが単純に自分と合わないもの。ギャグ漫画とか、ちょっと尖った漫画とかに多い。あとはワンショット系の本。読み返さないだろうってやつ。まだある。全巻50巻とかあるうち1、2冊持ってるけどコンプリートの情熱が湧かない場合。て訳で手元の今日捨てる本達を見てると極端に軽いか極端に重いかも。いや密度かな。一冊の密度。心地よい密度とか刺さってとれない濃いのとかいつでも手に取れる薄さとか、そういうバランスが自分の尺度と遠いもの。通り過ぎて行く本達よ。何年か後に買い直すと面白いのかもしれないしもっとはやく出会っていれば一生の本になったのかも?全てはタイミングか。

*コミック編

  • 井上三太2…センス違い。TTは好き
  • シティーハンター1,2,6…普通に好き。でも長過ぎて集めらんない
  • 僕の小規模な生活2…面白いけど
  • SPRIGGAN1,2…90年代が懐かしいです。1、2で充分
  • フダンシズム1…めちゃ面白いけど絵が苦手
  • GTO6…シティーハンターと同じ
  • うる星やつら14…留美子さんの作品実はあまり好きじゃないかも
  • *活字編
  • DINER…ユニバーサルとくらべて全体的にこれじゃない感が
  • 0の殺人…かまいたちを期待し過ぎた
  • われわれはどんな時代を生きているか…とにかく意味が分からない